噛む力・飲込む力が弱くなった方や介護の必要な方向けに、栄養バランスを考えた宅配弁当。介護食、やわらかく食べやすい食事(やわらか食)を宅配いたします。

商品案内

ベネッセの考えた介護食 やわらか食 スマイルケア食

やわらか食

噛む力が弱くなってきた方にもお食事を楽しんで頂きたくて、“食べやすさ”と“見た目の美味しさ”にこだわりました

ご高齢の方でも食べやすいように、やわらかく仕上げたやさしいお食事です。
見た目にも楽しんで頂けるよう、食材の色や形はできるだけ”食材そのまま”に近く仕上げました。

ユニバーサルデザインフード取得

ユニバーサルデザインフードとは、日常の食事から介護食品として幅広く利用できる食べやすさに配慮した食品で、日本介護食品協議会が制定した「かたさ」、「粘度」の規格に適合する商品です。

ユニバーサルデザインフード区分表

スマイルケア食とは

スマイルケア食 「スマイルケア食」は農林水産省が策定した
「新しい介護食品」の愛称です。

やわらか食のこだわり

現役歯科医師が監修

現役歯科医師が監修

日本歯科大学 菊谷 武先生

日本歯科大学大学院教授日本歯科大学附属病院 
口腔介護・リハビリテーションセンター長 

家族で「おいしい」を共有すること。そんなコンセプトで“やわらか食”を開発しました。
「おいしい」という言葉は、口いっぱいで味を感じ、その口で感動を言葉に変えて伝える言葉です。噛むことや飲み込むことが苦手になってきた御高齢の方にとってもこの感動は忘れたくないものです。

菊谷先生監修のもと「安全・楽しく・しっかり」に
こだわった献立を設計しています

  • 安 全

    安全

    高齢者にもやさしい
    やわらかさ

    目指したのは”歯ぐきでもつぶせるやわらかさ”です

  • 楽しく

    楽しく

    食材の色や形を見た目から楽しめる

    介護食でも食材を楽しめるよう色と形を残すように努力しています

  • しっかり

    しっかり

    不足しがちなたんぱく質などの低栄養対策

    管理栄養士が高齢者の栄養を考えた献立を作成しています。

ここがポイント

硬さなどの問題で通常のお食事が食べづらくなってくると摂取量も減り低栄養になりがちです。摂取量が少なくても適正な栄養(特にタンパク質)をしっかり摂れるように、タンパク質を多く含む食品を多く入れるなど、少量でも、通常のお弁当(まいにち七菜など)と同量のタンパク質量(20g基準)を摂取できるよう献立を作成しています。

5月の献立  6月の献立

  • エネルギー 340kcal基準
  • タンパク質 17g基準
  • 塩分 2.4g基準
    ※栄養価はすべて週平均、主食は含まれておりません。


管理栄養士が高齢者の栄養を考えて、日々の献立を作成しています

   

1日1食
当たりの価格
(税込)

《参考価格》
週5日分の場合
(税込)
やわらか食
(介護食)
1人用(1食) 960 4,800
2人用(2食) 930 9,300

※2食以上ご注文の場合の価格について

商品の種類に関わらず、1日2食以上のご注文をいただくと、すべて30円割引になります。
締切日までのご連絡で、2食から1食に変更された場合、1日1食あたり単価が適用されます。

注文方法を見る